【霊的話#2】 ガキ

これは僕が小学生の頃、祖母から聞いたお話です。

 

ある年の盆、墓参りに行く日の朝。

私は小さいころから朝が苦手で、その日も家を出るギリギリの時間に起きました。

私は起きてすぐで何か食べたい気分でもなかった為、何もいらない。何も食べない。

先にお墓参りに行こう。と言いました。

 

すると祖母が、何か食べなさい!と軽めではありますが、怒ってきたのです。

私は朝ごはんを食べない日は珍しくなく、「なんで?」

と聞き返しました。

 

祖母はこう答えました。

「ガキに憑かれるよ」と。

ガキ??私は何のことだかさっぱり。何なら私もガキだし。

 

なので、ガキとは何かと聞きました。

祖母の説明では、ガキは漢字で書くと、”餓鬼”。

餓えた鬼と書いて、ガキと呼ぶそうです。

                     f:id:peachmomo89:20210512161917j:plain

 

私は、そんなのいるわけない!と言いましたが、昔々。

祖父がガキに憑かれたというのです。

 

祖父がガキに憑かれたその日も、祖母と祖父二人で墓参りに行っていたようです。

今のお墓は霊園だったり整備された場所が多く普及していますが、その頃祖父母がお参りに行っていたお墓は山の奥深くだったそうです。

祖父は何も食べずに空腹の状態で山道を登っていました。

 

すると突然、祖父がしゃがみ込み

祖母は何事かと思い、祖父の方を見ました。

すると祖父は狂った様に、落ちていた腐った玉ねぎの様なもの食べていたそうです。

 

祖母はすぐに分かったそうです。ガキに憑かれたと。

すぐに祖母は怒鳴りながら祖父を引っ叩いたそうです。

すると祖父は正気に戻り、事なきを得たといいます。

 

 

オカルト話などでよくある、近くの神社の宮司さんを呼んでくるだとか、その村の長の老婆心を呼んでくるだとか、そういった解決法ではありませんでしたね(笑)

 

まだ弱いモノだったのでしょうか。

それを聞いた小学生の私は、無理やりパンを口に詰めて水で流し込み、お墓参りに行きました(笑)

まぁ、先述した様に近頃の霊園などは街中にあったりと、しっかりと供養されているであろう霊園が多いので、空腹で参ったからといってガキに憑かれるようなことは無いとは思いますが…

 

実際に祖父が憑かれたのも山道でしたしね。

 

皆さんも山へ行く時はしっかりと食べて登山するように!

 

 

ではまた~!

 

 

【鉛筆画】むかしに書いたやつです

もう何年か前、する事が無く退屈な日々をおくっていた時。

 

絵を描こう!

 

と思った訳ですよ。

でもどうやって描くか。何を描くか。

 

実は子供の頃、6年間?もっとかな...

絵画を習っていました。子供のお遊び程度の習い事ですね。

水彩画を数年した後に、先生の許可が下りて油絵を。

 

油絵はとても難しいですねえ。

難しいですが、ミスが利きました!塗り直しができたんですよねぇ。

その点水彩画は塗り直しができないので、水彩画の方が難しい??

どちらも、一長一短ですね。

油絵は奥が深く、

油絵をしている私、カッコイイ!!

なんて思ったりも。

 

話がかなり逸れましたね。

 

水彩画も油絵も経験があるので、やった事のない事を。

と思いまして。

鉛筆画

ここにいきつきましたね。

 

これもまた奥が深い。

鉛筆だけ。昔の写真の様に白黒で表現するのです。

 

鉛筆の濃さを上手く使うのです。

どのように描いたか、どのような道具を使ったかは、また別の記事に書こうと思います

 

 

何を描いたかですよね。

 

僕は大の乃木坂46好きです。

知っていますか?乃木坂46

これもまたかなり話が長くなりそうなので、

また別の機会に...

 

乃木坂46の中でも齋藤飛鳥さん推しなのです。

すっごく語りたいのですが、まる3日あっても語り切れません( ^ω^)・・・

 

というわけで、齋藤飛鳥さんを鉛筆で描かせて頂こう!

と思ったのです。

 

ですがまあああああああ、難しい。

難し過ぎて、「あ」が多くなっちゃいました。

 

大変長らくお待たせいたしました。話が長くなっちゃうのが悪い癖です...

描かせて頂いた齋藤飛鳥さんの鉛筆画がこちらです。

f:id:peachmomo89:20210507005830j:plain

 

鉛筆のタッチの粗さが伝わりますね。

性格が出ています。

何日かに分けて描いた程、時間だけはかかりましたねぇ…

時間だけは。ね。

 

乃木坂46好きの方、「もっと綺麗に描けよ!」って?

精一杯頑張って描かせて頂きました...

お許しくださいm_ _m

 

齋藤飛鳥さん推しの方ならいつの齋藤飛鳥さんか分かりますよね??

 

そうです。

 

マウス♪マウス♪パソコンマウス♪

 

マウスコンピューターのTVCMの時のワンカットです。

乃木坂46一切知らない方でも、耳に残っているのでは無いでしょうか?

よくCMやっていましたからね!

 

 

この後何枚か描きはじめましたが、未完成のまま終わりましたね…

唯一の完成作品です(笑)

 

また2枚目お見せできるように頑張ります!

 

え?もう見せんでいいって?

 

見せます。

 

 

 

ではまた~~!

 

 

 

 

 

 

【霊的話#1】 私の小さい頃のお話です

このお話は私がまだ生まれて間もなく、物心のついていないときの事です。

 

両親から聞いた話なのですが、

ある夜両親は私を寝かしつける為に、私の隣で添い寝していました。

なかなか私は眠ってくれなかったようでした。

 

私は部屋の隅、タンスの上の方をジーっと見ながら

とてもニコニコしていたらしいです。

両親の方を一切見ず、その一点だけを。

 

両親は冗談半分で、

「あそこになにかいるの??」

と問いかけました。

 

すると私はとても元気にニコニコしたまま

「うん!!」

と答えたそうです。

 

両親はそのまま質問を続けました。

「なにがいるの?」と。

 

私は続けて、

「おばさん!」と。

 

もちろん、両親が確認しても何もいません。

なんたって、窓などではなく、部屋の隅。天井の方なので。

 

息子がそのようなことを言っていれば、普通は戸惑いますよね。

ですが、両親は恐怖心もありつつ、安心もしたそうです。

両親に霊感があるわけではありません。一般人です。

心霊番組が好きな程度ですかね。

 

では安心したのはなぜか。

 

私には姉がいます。

実は、その姉も昔私と全く同じことを言っていたそうです。

同じ場所を見つめ、同じ様にニコニコと微笑んでいたと。

「おばさんがいると!」と。

 

 

 

 

ゾッとするでしょうか?

子供には大人に見えないものが見えたりすると聞いたことがあります。

私が両親の立場なら、完全にビビッていたかもしれません。

ですが、両親は言いました。

 

「二人とも、笑っていた。」と。

 

いわゆる、悪霊というんでしょうか?そういったものであれば、

もし本当に子供に見えていて、そこに存在するのであれば

分別のつかない子供であっても、恐怖に怯えるのではないでしょうか。

 

ですが、二人とも笑っていた為、両親は

「ご先祖様や子供たちを守ってくださっている何か」ではないか

と考えたそうです。

 

兄弟共に、健康に成長しています。

私の記憶にはもういない、おばさんのおかげなのでしょうか?

もし詳しい方がいたら是非教えてください。

 

最後までありがとうございました。また次回!